<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
廃墟
c0151418_1542443.jpg
※写真はノイエルイーナの現場。
 解体したときのコンクリートのガラを、
  溶接金網に詰め込んだ壁。





ノイエルイーナの竣工が間近に迫った。
この仕事の話を受けて「廃墟」について考えることが多くなった。


とりわけル・コルビュジェ にかぶれているわけでもないが、
好きな写真集が1冊だけある。
写真家ルネ・ブッリの『Le Corbusier』
建築写真集にありがちな硬直した姿はない。

竣工後30年近く経ち、廃墟と化したサヴォア邸。
コンクリートから鉄筋が露出し、
屋上テラスにはぺんぺん草が生え、
ピロティーには農作業用のトラクターが置かれている。
真っ白いサヴォア邸 のイメージがあるにもかかわらず、
不思議と違和感はない。
化粧を落とし静かに休息している未亡人のようだ。


廃墟になったときでさえ、
その建築の力を保持できているかどうかが、
建築の建築たるゆえんだと思う。
by kta-room | 2006-07-30 00:26 | 「neue Ruine」
確信犯的創造力
c0151418_157315.jpg








三界をさまよいながら倉敷へたどり着く。
すると、背中を丸めて入っていく後姿、
見たことのある髪型、安藤忠雄だ。

公演まで時間があるのでアンドーはサイン会を始め、
まだまだ鼻息の荒いアンドーを、
ちらちら見遣りながら僕は席に着く。
サインをもらった人たちの顔はとても幸せそうだ。

まだ時間はあるのでしばらく公民館を散歩する。

気がつくと、僕は本を片手に安藤忠雄の前に立っていた。
サインをもらってしまっている。
その勢いは止まることはなかった。
「握手してもらってもいいですか」
すると、アンドーは力強く手を出し、
僕の、か細い右手をしっかりと握ってくれた。


公演の内容は「文化の力」
自分なりに解釈してみた。

頼まれてヤルのは建築設計、
頼まれもしないのにヤルのが街づくり、
であると・・・。

アンドーはいつもの口調で吠えた。
「面白いことを探し、勇気を持たないと老いていく。」
アンドーの確信犯的創造力を、
役人対し、我々民間人に対し投げつけた。
ちぎっては投げ、丸めても投げた。


よく「好きな建築家はいますか?」
と、聞かれることがある。

ブログでも何度か登場する安藤忠雄。

地中美術館を見て以来、
僕の体にアンドー汁が浸透し始めているが、
そこで僕は「安藤忠雄です」と、うっかり答えないようにしている。
あまりにも凡庸な答えに自分が吐きそうになるからだ。
by kta-room | 2006-07-28 10:15 | ケンチクノコト
三界
c0151418_15124528.jpg






今日は久しぶりに目が覚めるような天気。

朝から市役所へ行き事前協議。

各課を行ったり来たり、上がったり下りたり。

これで、少しは体脂肪が減っているだろう。

銀行へ行き振り込んだり引き出したり・・・、

財布の脂肪もかなり減ってきている。

妻の知り合いが、西古松の辺りで「くー屋」というラーメン屋を

オープンしたというので昼食は家族で外食。

食べ終わると、法務局へ。

しかし管轄が違うこということで西出張所へ・・・。

公図の写しをもらい、

その後、許可申請で現況写真が必要なので現場へ写真を撮りに行く。

玉のような汗が全身から吹き出る。

そして、事務所へ戻り図面を描く。

やるべきことの多さに茫然自失として、三界をさまよう・・・。
by kta-room | 2006-07-27 06:31 | かりそめ
ウォークマン
c0151418_15161536.jpg
どっちかと言うと排他的な祭りっぽい







~最近のロンドンの時事~

『若者が携帯音楽プレーヤーを大音量で聴き続けると、
親の世代よりも30年早く聴覚障害に陥る危険がある。
聴覚障害者を支援する英慈善団体デフネス・リサーチUKが20日、
英国民1000人を対象に実施した調査結果を基に警告を発した。』

僕にはあまり関係のない話だ。


音楽は大好きだが、聞き方に関して鬼門がある。
それはウォークマンだ。
まったくのウォークマン世代なのに、
それを聞きながら街を歩いたことがない。
なぜか、とってもいけないことをしているような感じがする。
誰かに狙われてそうで、どうもできないのだ。

なんていう映画か忘れたが、
その映画の中で殺し屋が殺されてしまうとき、
耳からイヤホンがはずれ、
そこから悲しげなタンゴがシャカシャカと流れていた…。

僕にとってのウォークマンはそういうものなのだ。
by kta-room | 2006-07-26 00:02 | かりそめ
土日休み
c0151418_15194482.jpg
温かく迎え入れてくれる盆踊りや、
神輿かつぐ排他的な祭りなど、
いろんな夏祭りがある。





土日はコンピューターの前に座ることがないので、
この日記は「サボられる」傾向が見られはじめた。
まあいいか。
朝起きて、仕事始めの脳と指の神経回路の接続を確かめる、
ウォーミングアップみたいなものとしよう。


最近、周りから「日記読んでますよ」
と言われると、軽い失語症に陥る。
by kta-room | 2006-07-25 00:23 | かりそめ
旅大工
c0151418_15272244.jpg








午前中はノイエルイーナ の現場で軽く汗をかいた。
午後は図面を描いた。


ふと思う。
ミース のように、高層マンションやオフィスを
ビジネスライクにこなして建築家を終えるやり方もいいが、
修理専門の大工になって、
自分の建てた家を歩いてまわり托鉢のような生活をおくる、
というのも一つの生き方でもある。
とてもニッポン的な「あがり方」だと思う。

         §

孫の世代になり、あるいは家人が変わっていたりして
「この汚い乞食は誰!」と大騒ぎになる。
よく聞くとその家を設計した人だという。
風呂を浴びさせてもらい、温かい食事でもてなされ、
設計当時の思い出話しを孫たちに聞かせる・・・。
しかし、家によっては「お前の顔なんか見たくなもい!」
と門前払いを受けたりもする。
仕方なく家の前の落ち葉を掃除し、
頭を垂れ、次の地へと向かう・・・。
by kta-room | 2006-07-22 00:37 | ケンチクノコト
ハル
c0151418_15314748.jpg









鉛色の空に冷たい雨がパラパラと降っている。
憂鬱な季節が続く。
これを乗り越えられたものだけが、
夏のカラッとした空気を吸うことが出来る。


「張り」と「貼り」の違いに昔はいちいち悩んでいたが、
今では、ノリのようなもので全部密着させてハル場合は「貼る」、
太鼓のように空間をあけてハル場合は
「張る」と使い分けようと思っている。


ちなみに僕の「天久」という名字、「テンキュウ」って読むんだけど、
沖縄の方では「アメク」って読むらしい。
でも、銀行などでは「アマヒサさーん」って必ず呼ばれる。
訂正するのが面倒くさいので「アマヒサさん」に成りすます。


奥が深くて結論が出ないようなくだらないことを
あ~だこ~だと考えるのは楽しい。
もちろん「建築」もその最たるもの。
by kta-room | 2006-07-21 00:58 | かりそめ
風来坊
c0151418_15343186.jpg
増水している旭川を横目に事務所へ向かう。





午前中は、事務所にて作業。

午後、後輩のO氏が来所。
彼は事務所を開設したばかりで、
幾度となく壁にぶつかっている。
頑張っているようだ。
彼は去年1年間バックパッカーであった。
彼の言葉を借りると「風来坊」と言った方が正しいのかもしれない。
僕にはないその行動力、頭が下がる。

バックパッカーと建築。この相反するもの。
しかし、良く使われるフレーズ、「旅と建築」。
そこからきっとにじみ出てくるものがあるのだと思う。

日本に帰ってきた当初、
彼はあえて「旅と建築」について語らなかった。
むしろ「外国人からみた日本」という、
とっておきのテーマでしばらく戯れた。
by kta-room | 2006-07-20 00:04 | かりそめ
ヒブセシン
c0151418_15405275.jpg








「天神町」なのに「上之町」會舘
都市改変の糸口をつくるために、
「住居表示に関する法律」により地名を改変されたのだろう。

「区画整理法」によりオリエント美術館と上之町會舘の
谷間を縫うようにして出来た痛々しい境内は、
毎年7月24日、25日に行われる
甚九郎稲荷 の夏祭りで癒してくれるかもしれない。

24日の宵祭りの夕べには、
子供たちに引かれたダンジリが町内を練り歩き、
参道付近には露店が出されるらしい。
興味がある人は是非来てみては・・・

甚九郎稲荷は、火防神(ヒブセシン)として厚く尊崇されている。
by kta-room | 2006-07-19 00:13 | かりそめ
いっこく堂
c0151418_15432375.jpg






2日前。
おもちゃなのか
ダイエット用なのか
妻と娘がこんなものを買ってきた。

ちょうどいい。
醜い脂肪が僕のカラダから離れてくれないので、
えーい!これで解き放してしまえー!
って、思ったが、
僕の環境は思うようにはさせてくれなかった。
娘が離れてくれない。
あきらめて娘と遊ぶことにした。
飛んだり跳ねたり・・・
使い方は間違っているけど二人は満足している。
まあいい。最初はこんなもんだ。

そして今日。
お腹の周りが痛い。もしかして筋肉痛?
ただ遊んだだけなのに。
しかも1日遅れてる。なぜ昨日ではなく今日なのだ。
そう、僕のカラダはオッサン化してるのだ。
「肉体のいっこく堂」的状態になってしまっている。

まーしょうがないか。
数え年で僕も36になるのだから。

「数え年」って、、、
by kta-room | 2006-07-18 00:06 | コドモノコトカゾクノコト


AX