終わりと始まり
c0151418_1053987.jpg
←これは小3の娘が学校で作った
 「タイムカプセル」















我が子ながらユーモラスな作品。

でもどこかミステリアスで、
しかも不安定。

奇妙なバランスで置かれている。





私の中の「タイムカプセル」というイメージは、
明るい未来があるようで、
実は世界の終わりの方が強い。


世界の終わりというものは、
いつも人を強く惹きつける。

怖いけど見たい。

いや、でも見たくないかも。

自分とその世界の間には
矛盾が生まれる、
そんなイメージ、そんな世界である。

この「タイムカプセル」の中には
10年後の自分に宛てた手紙が入ってるらしい。

「今あるような見せかけの世界は滅びちゃうよ。
その時残るのは、日々増え続けていく立派な建物なんかじゃなく、
チープで子供だましなおもちゃにすぎないんだよ。」

そんな手紙が入っているかのような
「タイムカプセル」である。

そしてその手紙に付け加えるとしたら、

「その後にやって来るのは、
かつて過ごした村のように自然が美しく、
全てが適度に控えめに保たれている世界である。

それは終わりであると同時に始まりである。」

と。
by kta-room | 2013-11-18 07:52 | コドモノコトカゾクノコト
<< そのものらしいカタチ ここにはないどこか >>


AX